慰謝料弁護士の選び方

慰謝料請求において、弁護士に依頼するメリットは、やはり複雑な法律手続きをする必要が無くなるという点でしょう。
素人が被告を相手取り手続きをする場合、どのような資料が必要なのかを調べなければいけません。ここに弁護士が介入している場合、適切な指示を出してくれます。
次に直接相手に法的に慰謝料を請求しに行く場合ですが、素人が直接行った場合と弁護士が行った場合では、相手方の出方が大きく異なってきます。素人が直接行った場合、相手方も法的な対応をしない場合が多く、結局損をして帰ってくる場合が非常に多いです。
よって、確実に慰謝料を取りたい場合、信頼できる弁護士に依頼するのが一番の方法でしょう。
しかし弁護士に依頼する場合のデメリットもあります。それは「弁護士費用」です。
一時の感情に任せて訴訟を起こし、慰謝料を得たとしても、弁護士費用がそれを上回っていた場合は元も子もありません。弁護士に依頼する際は、決して感情的にならず、まず懐具合と相談してからにしましょう。

INFORMATION

2012-02-18
慰謝料弁護士の選び方を公開しました。
2012-02-18
慰謝料司法書士の選び方を公開しました。
2012-01-09
サイトを公開しました。